過払い請求の知識
main image

過払いとは?

過払い金返還請求と言えばややこしそうだなと感じる人も多いですが、仕組みは簡単に理解する事ができます。

しかし、自分の過払い金がいくらであるかという事を正確に把握するというのは自分だけでは難しい事もあるかもしれません。以前は利息制限法と出資法の二つの法律により借金の上限額が管理されていました。

しかし、上限額は現在の様に一本化されているのではありませんでした。それぞれの法律で定められている上限額には差額が発生し、その間に該当する利子をグレーゾーン金利と呼んでいます。

このグレーゾーンに該当している場合には、過払い請求を行って払い戻してもらう事ができます。請求する事ができるのは返済中か、完済後10年以内と言われています。

多くの人が弁護士などの力を借りて返済しています。

過払い請求のことなら弁護士や法律事務所へ

返済途中や、すでに払い終えた借金の過払い請求も、弁護士や法律事務所に相談することで納得できる返済額が可能となります。ですが、どの弁護士や法律事務所でも良いというものではありません。過払い請求の相談ができる法律事務所に問い合わせてください。

電話やメールでも対応していますし、もし家族に知られたくない場合なら、書類の送付や電話も気づかれないようにしてくれる事務所もあるようです。同じ法律家であっても事務所によって、対応が異なることがあるので、事前にホームページなどで 確認してみると良いでしょう。また依頼費用も事務所ごとで違うものです。

過払い金の請求、弁護士や法律事務所に相談?

過払い金は、複数の貸金業者から借金した経験があれば、請求して返してもらえるかもしれません。相談は、まずは弁護士や法律事務所にするといいでしょう。裁判手続きを経る場合でも、彼らなら代理人として出廷してもらえます。

請求手続きは、自力でできない訳ではありません。しかしながら、貸金業者を相手取り裁判を進めると、のらりくらりとかわされることが多く、時間的な負担も精神的な負担も負わされることが多々あります。費用はかかりますが、弁護士や法律事務所に依頼すると、スムーズです。過払い金は、返済した借金を対象とするので、債務整理にはあたりません。

過払い金の請求、相談は弁護士や法律事務所?司法書士?

いくつかの貸金業者からお金を借りていた人が請求すると、過払い金が返ってくる可能性があります。現在の法律にはありませんが、過去の法律で法律ごとに規定が異なったことにより、余分に支払っていたものです。

借金相談は、弁護士や法律事務所にします。債務整理も同様です。借金の詳細が分からなくても、まずは問い合わせてみることが重要です。現行の法律に従ってできるベストの策はどれかを、明確にしてくれるでしょう。

借金していたこと自体も、家族や友人に知られたくないことから相談を躊躇するケースは少なくありません。しかしながら、請求は正当なものですし、何より弁護士や法律事務所は秘密を守ってくれるので安心できます。

過払い金、疑問は弁護士や法律事務所に

過去にお金を複数の貸金業者から借りたことがあるなら、過払い金請求をおこなえる可能性があります。まずは弁護士や法律事務所に相談して、自分が対象者かどうか調べてもらいましょう。

契約書、明細がなくても大丈夫なので、問い合わせてみることが肝心です。無料の相談会を実施していることもあるので、うまく利用するといいでしょう。請求額が140万円以上なら彼らに、140万円以下なら司法書士にも相談できます。

請求は、返済し終えた借金を対象とします。弁護士や法律事務所に依頼すると、費用はかかりますが、迅速に対応できます。煩雑な手続きをしなくていいので、時間的かつ精神的なロスも減らせます。

過払い金請求を弁護士や法律事務所に依頼

自身がおこなった借金については後ろめたい気持ちもあり、誰にも言わずに返済していた人もいるでしょう。現在においても、一生懸命返済している人が数多くいることが予想されます。

しかしながら、過去に払っていた借金に過剰な利息などがついていた場合には、請求をおこなうことで過剰に支払ってしまったお金を取り戻すことができます。この方法は過払い金請求と言われていて、弁護士や法律事務所や司法書士に依頼することができます。この過払い金請求には、時効が決められていて最終取引から10年となっていますので、こころあたりがある人は早急におこなうことをおすすめします。

過払い、債務整理について