過払い請求の知識
main image

よくある質問

どれくらいの金額が返ってくるんですか?

取引内容によって異なるのでここではハッキリとはお答えできません。

ただ間違いなく言えるのは支払いった金額よりも多く返ってくることはないということです。

取引内容や支払履歴などがあればある程度算出できます。

費用ってけっこうかかるんじゃ・・・

法律事務所などに依頼する場合、まず着手金を支払い、返還された過払い金から20%程度成果報酬を支払うのが一般的です。

事務所によって報酬は異なりますので、依頼をお考えの事務所に確認してみましょう。

返還までどれぐらいの時間がかかりますか?

請求相手や請求内容により様々ですが、おおよそ早ければ2ヶ月程度、通常は6ヶ月~1年です。
場合によっては、1年以上かかることもありますので気長に構えておきたいところです。

過払い金請求における弁護士や法律事務所の役割

過払い金請求における弁護士や法律事務所の役割としては、非常に大きい点があげられます。過払い金の請求については個人でおこなうことも、司法書士がおこなうことも可能です。

しかしながら、個人でおこなう場合においては法律的な知識が必要とされますので、ない場合においては債権者から相手にされないケースもあるでしょう。また、司法書士については一社につき140万円という制限がありますので、それを超えてしまうと対応してくれないことがあげられます。そのような懸念点を考えると、弁護士や法律事務所に依頼することが一番良い手段だと言えるでしょう。

弁護士が過払い請求おこなう

弁護士が過払い請求おこなう事は、2010年の改正貸金業法によって決定されることになりました。このことから、多くの債権者の負担が軽くなったことがあげられます。しかしながら、この法律の改正によって多い金利で運営をしていた大手消費者金融などの倒産などがありました。

この過払い金の請求についてはそろそろ時効となりますが、実はまだ多くの人が請求していないことがあげられます。今後においては時効によって請求できないケースもこれから、どんどん出てくるでしょう。そのようなことを踏まえて、過剰の金利支払いについてこころあたりがある人は、とりあえず司法書士や弁護士に相談してもることをおすすめします。

過払いの調査を弁護士に依頼する

過払いについては古い情報であるケースが多いですので、内容がわからなかったり、記憶がないことで断念してしまっているケースもめずらしくはないでしょう。しかしながら、該当する場合においては、多額のお金が返金される可能性がありますので、断念してしまう事は非常にもったいないと言えるでしょう。

そこで損しないための方法として、法律専門家の弁護士に依頼して調査をしてもらえます。調査内容によっては、無料で業務を行わっている法律事務所も複数ありますので、費用を無駄に浪費してしまう心配はありません。そのようなお得なサービスを利用して調べてみるといいでしょう。

過払い、債務整理について