過払い請求の知識
main image

司法書士に過払い請求を依頼した場合の報酬

認定司法書士なら、140万円以下の過払い請求の代理人になれます。自分で計算をしてみて140万円を超えないようなら司法書士に依頼をするのもよいでしょう。過払い請求はそれほど特殊な案件ではないこともあり、弁護士と比べて、必ずしも腕が劣っているわけではありません。

司法書士に依頼をすることの大きなメリットは、報酬が弁護士に依頼した場合に比べて安くなる傾向があるということです。もちろん、事務所によって報酬の設定は異なるので、確認は必要ですが、一般的にはかかる費用が少なくてすみます。

しかし、相手が争う姿勢を見せていて、地方裁判所までもつれこむ可能性がある場合には最初から弁護士に依頼をしたほうがよいかもしれません。

過払い請求をすべきか弁護士や法律事務所に相談

過去に支払った利息がもしかしたら、過払いが発生している可能性がある場合において、請求をすべきか、法律家に相談することが一番でしょう。確認する方法としては、当初返済をおこなっていたクレジットカード会社など、貸金業者に交渉しなければいけませんので、債務者である場合には対応してもらえないケースもあります。

弁護士や法律事務所のような法律家であった場合には、素直に応じてくれますので、個人で請求をおこなうハードルの高さがあります。そのような点もありますので、弁護士や法律事務所に過払いの請求をおこなってもらうことが一番確実でしょう。

弁護士には過払い請求の権限がある

代理で行ってもらう場合は、弁護士のように力を持っている方に依頼を出しておくのです。依頼を受けた弁護士は、速やかに過払い請求を行うための通知を出しておきます。この通知をしていることで、請求をすることができなくなり、会社としては返済が止まっている状態となります。

後は請求をしてもらっている人が、どのような方法で対応しているかによって異なります。方法によっては、負担が増えてしまう可能性もありますが、代行してもらっているのである程度は軽減できます。回収できている場合は、代行している費用を負担してもらい、完了させた状況を作ります。

ミスを過払い請求で弁護士は取り返す

個人で行っている方法があった場合、弁護士はミスが起きていると思っています。このような方法を使っていると、当然回収されるためには問題が起きてしまうと判断しているので、ミスを取り返すための過払い請求を実施しています。

同じ会社にもう1度相談を持ちかけるのですが、今度は弁護士がいることを告げており、話し合いに応じるように通知を出しています。実際に話し合いをしていると、すぐに解決する場合があります。これまでと違い、個人との話になっていませんから、終わらせたほうがいいと考えている会社も多くなり、解決はしやすい状況です。

改善されている過払い請求と弁護士の関連

今までは、弁護士が回収した過払いを大量にもらっているとの噂があり、これを感とかして改善しなければなりませんでした。過払い請求では、依頼を出している人が多く貰わなければなりませんが、弁護士が回収した金額から報酬を受け取るようにしているため、設定されている金額が非常に高くなっている可能性もあったのです。

こうした問題点は改善が必要とされていて、実際に改善されている傾向があります。現在は報酬として受け取れる金額が割合で設定されて、大金を請求することが難しい状況となります。これで依頼主は安心できるのです。

過払い、債務整理について