過払い請求の知識
main image

交通事故弁護士に依頼するタイミングを知りたい!

自分が交通事故にあってしまった時に、一体どのようなタイミングで交通事故弁護士に、案件を依頼したらいいのかが考えだすとわからなくなってしまいます。できれば交通事故が起こって、その場で警察を呼んで、病院に行く…この病院に行ってすぐくらいには依頼をするのが実は一番いいのです。

なぜかというと、この後の請求に関してはこの医師の診断書がとても重要になってきます。よくわからないままに診断書を記載してもらったら、実際の怪我よりも軽く書かれていたということなったら、それ以上の慰謝料の請求は難しくなってしまいます。できれば診断書の作成を交通事故弁護士の指導のもと行ってもらうのがいいです。

実績と専門知識が豊富な交通事故弁護士へ

法律家の弁護士であっても、交通事故に関して全ての弁護士が長けていえるわけではありません。交通事故で生じる全ての面において幅広い知識が求められる交通事故弁護士は、その道のプロですから保険についても知識があり、後遺障害にも対応するため医療知識も豊富なものです。

また慰謝料を算定する上で、加害者の刑事事件性はないか過失割合の見直しなどもおこなうなど、幅広い観点から被害者の立場に立って請け負うことになります。そのため、交通事故弁護士を掲げている豊富な知識と、これまで数々の実績ある弁護士を探す必要があるのです。

後遺障害も任せられる交通事故弁護士

交通事故弁護士が事故関係の医療知識が豊富な理由を知っていますか。交通事故被害で怪我を負ってしまい、一定期間治療したにもかかわらず、完治せずに後遺障害が残った場合、慰謝料として後遺障害認定をうける必要があります。

ですが申請をだしても認められなかったり、正しく判断してもらえず、低い後遺障害等級にされてしまうなど、被害者にとっては将来を左右する大きな痛手となることがあります。

交通事故弁護士はこのような事例にも対応し、複雑な後遺障害をこれまでの判例をもとに、適切な等級へ見直しすることや、認定基準となる画像診断がうけられるよう科目の変更や他の医療機関を紹介するケースがあるといいます。

交通事故弁護士の役割

予期せぬ交通事故が起こってしまった場合において、交通事故に慣れていない限りスムーズに対応することが難しいことがあげられるでしょう。交通事故弁護士に依頼することで、交通事故慰謝料の相場や基準を知ることができますので、加害者が加入する保険会社との交渉がスムーズにいくケースをあげることができるでしょう。

事例の多くは交通事故弁護士に依頼したことで、交通事故慰謝料の増額が大幅にアップしたケースが多いことが言われています。あとで後悔しないためにも、交通事故を専門とする弁護士に依頼する事は必要なことでしょう。

交通事故弁護士に依頼してみる

交通事故がおこってしまうと、なんらかの被害が発生してしまいます。その被害に対して支払われるのが交通事故慰謝料です。この交通事故慰謝料については、最近になって基準があることが広く知られるようになり、少しでも基準を上げようと交通事故弁護士に相談するケースは増えています。

加害者側の保険会社からすれば一番高い基準である弁護士基準はさけて、少しでも慰謝料を抑えたいのが正直なところでしょう。しかしながら、交通事故においての慰謝料は正当なものでありますので、被害に見合った慰謝料を受け取るのは当然であることが言えるでしょう。

交通事故弁護士に相談について