過払い請求の知識
main image

交通事故相談でもっとも多いのが慰謝料です

交通事故相談に行く理由は被害者・加害者どちらの場合も多くが慰謝料についての相談です。語弊はありますが軽症であればどちらもそれほど問題にはなりません。金額が小さく、保険会社の対応でまず間違いないからです。ここで問題なのは重症、特に後遺障害を認定されるほどの怪我をした場合です。

後遺障害を認定されることは余程の重症だと思っているかもしれませんが、専門家に相談し、意思への対応等をきちんと行えば「同じ症状でも」認定される場合とされない場合があります。

当然、慰謝料も年齢によっては桁が違うほどの差が出ます。何も不正をするわけではありません。障害を背負って生活していくうえでの最低限の保障(慰謝料)を確保する為ですので、料金を惜しまず微妙なレベルの怪我の方ほど専門家への相談をお勧めいたします。

むちうちの交通事故相談はプロに任せて

交通事故が原因でむちうちになってしまった場合、自分1人で対応しようとするのではなく整骨院や弁護士といったプロに交通事故相談として任せることが大切です。専門的な知識がないと交通事故後の処理でどういったことをするべきなのか分かりませんが、プロに手続きを任せることで自分は安心して怪我の治療に専念することができます。

自分で相手方の保険会社とやりとりする必要もなくなり、場合によっては自分で手続きを進めるよりも賠償金額が高くなることもあります。また、交通事故の場合被害者側にも一定の過失があったと主張される場合もありますが、プロに依頼していることで法的な主張で相手方と対抗できるというメリットもあります。

むちうちの症状の交通事故相談先

通勤している最中や、業務中に交通事故に遭遇して、むちうちなどの怪我を負った場合は、労災保険を適用できます。そして、自賠責保険は必ず自動車を所有している人は加入する必要がある強制保険なため、通勤している最中や、業務中に交通事故に遭遇したときは適用することが可能です。

労災保険は、正式には労働者災害補償保険といい、労働者災害補償保険法の定めに従って、保険給付を労働上の災害に対してする制度のことを指します。労災保険を適用してもらうためには労災保険会社に設けられている窓口に交通事故相談をするのが良い方法の1つとなります。

むちうちなどになり事業主の主張が理不尽な場合は交通事故相談を

労災保険は、通勤や、業務上の理由で労働者がむちうち症などの負傷や、後遺障害が残ったり、疾病にかかったり、亡くなったことなどに対して公正で迅速な保護を行うために必要となる保険金を給付することによって、労働者が社会に復帰できるように促したり、遺族をサポートすることを目的に設けられているものになります。

労災保険の給付を受けるためには、雇用保険に加入していなければならないと勘違いをしている人もいますが、労災保険の給付を受ける条件と雇用保険に加入しているかどうかは無関係となります。事業主にそのような理不尽な主張をされた場合は交通事故相談窓口に相談するのも良い方法の1つとなります。

交通事故でむちうちになった人が交通事故相談をするメリット

交通事故でむちうちになった人が交通事故相談をするメリットは、相手方に対してどのような請求をすることができるかを知ることが可能な点にあります。相談したいという人は、ほぼすべて、加害者に対して何らかの請求をしたいと考えているはずです。

しかし、法律に詳しくない一般の人は、そもそも請求が可能なのか、できるとしてどのくらいの金銭を請求できるのかがわかりません。そのため、仮に相手が示談交渉に応じてくれるとしても、相手が提案する額が妥当かどうかはわからず、結果損をしてしまうことも大いにあります。そのため、まずは交通事故相談をして方向性を明確にしておくべきです。

交通事故弁護士に相談について