過払い請求の知識
main image

交通事故相談回答:慰謝料と見舞金の違いについて

交通事故相談において良く挙がる相談内容の1つが慰謝料と見舞金の違いについてです。 これ等は示談金を構成する内の1部なのですが、その用途が違っています。 それぞれを解説していくと、まず慰謝料と言うのは事故によって被害者が受けた肉体的や精神的な苦痛である精神的損害に対して払う事になる賠償金で、被害者に対して絶対払わなければならない物となっています。

対して見舞金と言うのは、事故によって入院してしまった被害者に対して加害者がお見舞いの品として持っていく事になる賠償金の事を言いますが、こちらはあくまでもお見舞いの品としての選択肢の1つである為に加害者に払う義務は無い物となっているのです。

むちうちの交通事故相談の流れ

むちうちは正式な名称ではなく、外傷性頚部症候群と呼ばれます。交通事故などで車が追突された場合、身体が衝撃で揺れ頭が残り、反動で首が鞭のようにしなってしまうため起こります。事故直後に病院で検査しても異常はなく、後日症状が出る場合があります。

交通事故相談で一番後遺障害として相談があるものです。打撲と違い、後遺症として後々の生活に大きくかかわる障害になりうるものなので、交通事故で追突された場合、軽症だと自己判断せずしっかりと事故証明を警察で発行してもらい後で症状が出たときのために備えるようにしましょう。

交通事故でむちうちになった場合の交通事故相談

交通事故で、むちうちになってしまったという場合、怪我の治療をする必要がありますが、加害者に対して慰謝料や損害賠償を請求することも可能です。これは、民法で認められている権利です。

しかし、被害者が直接交渉をしても、加害者が保険会社に入っていれば保険会社との対応になりますが、彼らは専門知識や経験が豊富であるため、素人では不利です。そこで、交通事故弁護士に交渉を代理してもらうのがおすすめです。そのためにはまず、交通事故相談を弁護士に対して行って、自分の権利が主張可能かどうかを判断してもらう必要があるでしょう。

交通事故によるむちうち被害者が交通事故相談をするなら

交通事故によるむちうち被害者が交通事故相談をするなら、交通事故弁護士を選びましょう。交通事故特有の問題について知っているので、相談する人の状況に応じた具体的なアドバイスをすることが可能です。そのため、相談するのであれば、交通事故弁護士を選ぶのが適切です。

交通事故弁護士は、交通事故関係の法令はカバーしていますし、法律だけではなく判例や示談交渉ノウハウ、訴訟進行のポイントなども知っています。したがって、むちうち被害によって悩んでいて、加害者に何らかの法的措置を取ることを検討しているのであれば、交通事故弁護士に相談して下さい。

むちうちの交通事故相談は出来るだけ早くしましょう

むちうちは交通事故の怪我の中でも特に多い症状ですが、事故直後には症状が出ない場合が多いこともあり、事故との関連性を証明するのが非常に面倒な症状のひとつです。そのため、交通事故にあったら、自損にせよ他損にせよ、また自分が加害者の場合も含めて特に症状がなくても早めに診療機関に受診することが重要です。

交通事故相談をする相手としては、まずは保険会社になります。病院は、診断と治療はしてくれても交通事故の対応まではしてくれません。保険会社に相談すれば、次にどのように対応すればいいのかについて、逐一教えてくれますから、その指示に従いましょう。

交通事故弁護士に相談について