過払い請求の知識
main image

故人の借金における過払い請求

亡くなった家族が多額の借金を抱えていたなんて事もある様です。

その場合に残された家族は、相続放棄をするなどして解決する事が多いかと思いますが、その借金の中には過払い請求ができる場合も考えられます。

時には借金の方があまりにも多く放棄するしかないという事もありますが、かなり返済が進んでおり、戻ってくるお金の方が大きいという事も考えられます。もし、手続きができるという事がわかれば、早速過払い請求を行ってはどうでしょうか。

しかし、この手続きができるのは家族であれば誰でもいいという分けではなくて、相続人となった人が行う必要があります。本人が手続きを行う場合と比較すると、少しややこしくなるケースもあるでしょう。

過払い金の請求を弁護士や法律事務所に依頼

できる限り債務者に対して借り入れをおこない、利息を高くすることで利益を上げたいと思うのが通常の考えでしょう。最近においてはこのような事はできなくなりました。しかしながら、法律が改定される前には高い利息で貸し付ける貸金業者は数多く存在しました。

このようなことが問題となり、最近においては過払い金の請求が法的にも、認められるようになりました。弁護士や法律事務所や司法書士に依頼することで、貸金業者との取引履歴を調べてくれますので、過払い金が発生しているかどうかは一目瞭然でしょう。取り戻したお金で借金の返済や日常生活にあてることができます。

高額な過払いほど弁護士や法律事務所の力が必要

過払いが多くなっている場合に、司法書士に相談しても対応できないと言われる傾向があります。何とかして対応してもらいたいと思っている場合には、弁護士や法律事務所に話を持ちかけます。

多くの場合は、司法書士が対応している弁護士や法律事務所を教えてくれるので、後はその話を持っていって過払いの回収を持ちかけるのです。高額なものはどうしても対応できる範囲を超えてしまうケースがありますので、少しでも回収できる金額を増やしたいと思っているなら、その時点で依頼を出して、早めに回収を行います。金額としてはそこまで多くないかもしれませんが、高い効果が望める場合もあります。

考えている過払い請求と弁護士は違うかも

本来思っているのは、過払い請求で裁判を起こして、全額回収するような方法を採用していくのではないかと思っているかもしれません。しかしそのような方法を採用しているわけでもありませんので、回収できる方法は違っていると判断してください。

本来は相談していくことで、穏便に解決することが重要になっています。過払い請求が長引いてしまったり、色々なトラブルが起きていると、弁護士としても対応が更に強くなってしまうからです。多くの対応をしていくこととなれば、当然ですが厳しくすることもあり得るので、考えていうことと違う方法も取っています。

過払い請求で弁護士と裁判に出る

もし全額を回収したいと考えている場合には、過払い請求でも弁護士に協力してもらい、裁判を行わないといけません。全額を出してくれる業者はありませんから、交渉をしている段階では金銭が限定されている傾向があります。

あまりにも多くの金銭が残っている場合には、交渉によって制限されている範囲も広くなってしまうので、なるべくなら裁判という選択も考えたいところです。その場合には、弁護士と関係を持って、過払い請求で裁判を行ったほうがいいと話をします。そして実際に裁判が行われることとなった場合には、一緒に出ていくことが大事です。

過払い、債務整理について