過払い請求の知識
main image

司法書士、法曹三者とは

司法業界の中心的役割を果たしているのは法曹三者と呼ばれる裁判官、検察官、弁護士であり、このなかでエリートと呼ばれるのは、裁判官、検察官、そして一部の弁護士でしょう。

つまりこの中に入っていない司法書士はそれらの職業の下位に位置することになり、とてもエリートなどとは呼べないでしょう。

しかし、だからと言って司法書士の仕事が重要でないという結論にはもちろんなりません。

不動産登記業務は独占業務ですし、弁護士が扱うのを避けるような少額の民事事件を扱うことができます(簡裁代理権)。弁護士と違い、気軽に相談できる、例えるなら「町の法律家」が司法書士なのです。

司法書士とはいえども、試験の難易度は高く、かなりの時間を費やして勉強しなければなりません。

司法書士がおこなう成年後見

司法書士については身近な法律家として知られていて、弁護士よりも依頼しやすいと感じている人は多いでしょう。しかしながら、双方は同じ法律家であっても役割は別になりますので、混同しないように注意するべき点があげられます。

最近においては成年後見の業務に注目が集まっています。この制度については認知症や精神の障害が、見られる人を法的な契約や手続きなどをおこなう場合にはサポートする業務になります。これから後継者が増える日本においては、必要不可欠な制度となり今後増えていくことが予想されます。成年後見には法定後見と任意後見があり、状況によって変わります。

司法書士の仕事内容などについて

司法書士の仕事内容については、日々進化していることがあげられます。最近では借金の相談や債務整理も、新たな業務として加えられています。このような場合において、借金相談を司法書士にすべきか、弁護士にすべきか迷ってしまっている人もいるでしょう。

まずは自分の借金額を確かめ140万円以上であれば、弁護士に依頼するべきでしょう。140万円以内とされていて、多額の借金は対応できない点があげられます。身近な法律家として知られていますから、弁護士よりも敷居が低くリーズナブルな点が利点として上がり、依頼しやすいと言えるでしょう。

司法書士のこれからを予測

司法書士のこれからを予測すると、非常に大きな役割を担っていることに気がつきます。まず基本の業務としては不動産や会社などの登記があり、次に相続業務や裁判業務などがあります。

その他にも最近業務として増えた債務整理の一部をおこなっていますし、高齢化社会を担っていく成年後見の役割もおこなっています。どの業務においても非常に重要な役割を持っていて、成年後見の場合にはますますニーズが高まっていくことから、忙しくなってくることが予想されるでしょう。それぞれの分野に長けている事務所を探したい場合にはホームページや、口コミなどを参考にしてもいいでしょう。

司法書士のおこなう業務の詳細について

業務の詳細については、多岐にわたり専門的なことがあげられます。特に不動産や会社などの登記などの業務は司法書士だけが、おこなうことのできる業務になります。登記については会社だけではなく、個人の不動産などもおこないますので遺産相続の場合などにも、司法書士の役割が必要になってくるケースがあります。

特に遺産相続が多い場合においての相続は、遺産トラブルになりやすいことがあげられますので、注意が必要になってくるでしょう。ほかの法律家よりもリーズナブルな価格でおこなわれていることから、依頼しやすいてんがあげられるでしょう。

弁護士司法書士について