過払い請求の知識
main image

司法書士

司法書士にはある程度の権限が与えられていますが、同じ法律関係の職業である弁護士に比べると権限を使える範囲に制約があります。

具体的にどのような制約があるかというと、様々な依頼がある中でどれくらいまでの依頼額であれば司法書士が介入していいのか悪いのかということが挙げられます。

司法書士は、弁護士と同じ法律関係の職業でありながら一定の制約があるということをきちんと理解した上で、働くことが大切です。頭ではきちんと分かっていても、実際に働き始めるとどうしても弁護士と同じ感覚で働いてしまう人が出てくるので注意が必要です。

通学で司法書士を目指す

現在では、便利な教材がたくさんあり、自宅にいながら司法書士の勉強をする事もできます。

しかし、できる事なら通学して勉強する事をおすすめします。通学すると、他にも一緒に司法書士の合格を目指す仲間がいます。自分の勉強が遅れていると、焦ったりする事もあるでしょう。

みんなに追いつくために、必死に勉強する事もあるかもしれません。周りの環境はモチベーションに影響を与える事もある様です。できるだけ本格的に勉強する事ができるような環境に身を置く事で、勉強がはかどるのではないでしょうか。

自分一人で頑張っていると知らない間に怠けてしまう事もあるかもしれません。なるべく自分の厳しく勉強したいですね。

司法書士は出張相談も受けやすい

色々な場所に出張して、相談を行ってくれる専門家もいます。司法書士は、出張相談も可能にしていて、足腰が不自由だったり、障害を持っている人に関しては家まで行って話をしています。

トラブルが起きていることを話したり、回収したい過払いがあるとわかっていて、話をしたいと思っている時に使います。この場合、事務所は空けなければならないので、一時的に誰も居ないことを入口に書いています。誰かがいないと相談できない状況が生まれるので、誰もいないと思われる場合は書いておきます。トラブル回避のために、司法書士も色々行っています。

司法書士の仕事は今後増えるのか

弁護士として仕事をしている方も多くなっていますし、司法書士の資格を持っている方も増えています。今後高齢となってくる方が出てくると、若い人の仕事量は増えるかもしれません。ただ増える可能性があったとしても、自分が丁寧に仕事を行っていないと、最終的に得られる仕事量はそこまで多くならないのです。

地域には多くの人が仕事をしていますし、弁護士だって司法書士だって依頼しやすいところが増えています。どこに依頼を出すかによって変わってくる部分もありますが、今後仕事が増えるかどうかは自分の力にかかっていると思ってください。

司法書士は無料相談サービスを拡大中

サービスの拡大によって、実際に利用される可能性は大幅に増えることとなりますが、司法書士は無料相談できるサービスを拡大しています。実際にサービスを使ってもらえるように、まずは無料相談によって話を聞くようにしています。

話だけでも聞いてもらい、解決する方法があると理解してくれれば、最終的に依頼を出してくれる可能性があります。依頼を受けられない司法書士が、相談だけでも受けてもらいたいと考えて、無料にしているケースが増えています。しかもインターネット上で行えるサービスまで増やして、24時間体制で相談を受け付けています。

弁護士司法書士について