過払い請求の知識
main image

交通事故弁護士に依頼したら示談金より高くなる?

もし事故を受けてしまったとして、相手の言う通りに自賠責保険を使用した場合には一番損をしていることになります。この保険は、運転手の義務として加入が必要な保険であり、保険の対象になる範囲がとても狭いためです。相手にこちらのやり取りが一番簡単だからと言われて思いのまま対応してはいません。

特に自分が怪我をしていて、定期的な通院が必要になりそうな場合などには必ず交通事故弁護士を通して保険金を請求するようにしてください。弁護士を間にいれるのと入れないのでは保険金の金額が倍以上違ってきます。特にこの差は後遺障害賠償金を請求する時に実感します。

交通事故弁護士と被害者の利害は一致?

なぜ交通事故が起きてしまった時に相談するのは保険会社の人ではなく、交通事故弁護士の方がいいのでしょうか?その理由の一つは弁護士と、被害者の利害が一致しているからです。弁護士が仕事を受けるのはなぜでしょうか?勿論相談しに来てくれた人の状況をなんとかしてあげたい、治療費を納得いくまでもらってほしいといった思いもあると思います。

しかしやはり法律事務所も経営をしていくにはお金が必要です。つまり被害者も治療費が欲しい!弁護士も依頼費用がほしい!ということで利害が一致しているためとても親身になってアドバイスをくれます。

交通事故弁護士に依頼したらできること

交通事故は民事裁判だけでなく、その内容によっては刑事裁判につながることもあります。自分が被害者になった時に通常あれば刑事裁判では加害者と被害者が直接あって、話合いをするような場はないのですが、時と場合と、事件の内容によっては被害者参加制度という制度が認められ、被害者もしくは被害者の親族(被害者が亡くなってしまった場合)裁判に参加することもできます。

こういったことになった時に当然友人はアドバイスができませんし、保険会社の人も担当外です。自分の代理人にもなってくれるのが交通事故弁護士です。弁護士は裁判において代理ができる権利が認められています。

損害賠償がありそうな事故の場合いつ交通事故弁護士に依頼する?

交通事故にあってしまった直後は病院へ行ったり、手続きをしたりであわただしいですし、体調的にも無理ができる感じではありませんが、もしこの時点で損害賠償を請求できるような被害を受けている場合はこの段階で交通事故弁護士に依頼をかけた方が確実です。

なぜかというと、事故直後の方が自分自身も事故についてよく覚えていますし、またリアルタイムで弁護士がついてくれるのとくれないのでは全く話が異なってきます。損害賠償を請求する場合には医師の診断書なども重要になってきますので、それらを一緒に作成してくれるのはとても心強いです。

交通事故弁護士に依頼して損害賠償をもらおう

もしあなたが交通事故にあってしまったとして、自分自身に損害賠償についての知識が備わっている人は自分自身でことを進めてもいいですが、もしあなたが全くそういったことに無知なのでしたら、潔く交通事故弁護士に依頼してしまった方が安泰です。

なぜかというと、素人が損賠賠償を求めていた場合と、交通事故弁護士が求めた場合ではもらえる金額が倍以上異なってくるからです。自分で交渉した場合には下手をすると治療途中であったとしても治療費を打ち切られてしまう可能性があります。今後何年通院が続くのかもわからないのに途中で打ち切られてしまっては困りますよね。

交通事故弁護士に相談について